高校生写真展「視点」2018

「三重スタイル」 高校3年の二人展

8月19日(日)

 三重県立美術館 県民ギャラリーにて開催いたしました

 人口流失や過疎の課題対策と地域の活性化をコンセプトに

 松阪工業高校繊維デザイン科3年の渡邊万梨乃の「三重で働く100人」と

 宇治山田高校3年の相田和葉の「豊かさは足元に」をテーマに

 高校3年の女子2名が1年間取材した531点に及ぶ写真作品を展示

 400名以上のお客様にご来場いいただきました

 松阪市長様 伊勢市長様 県会議員様からのご祝電を賜ったり、明和町長様にもご来場いただきました

 

高校3年生女子二人の写真制作活動がCBC放送のイッポウという情報番組の特集で8月21日夕方放送されました

高校生美術展2018「春展」を三重県立美術館で4月15日に開催しました

 

2017年高校生写真展「視点」〜風に吹かれた一瞬を描く たったひとつの物語〜

平成29年8月20日(日)

塾生が実行委員会を立ち上げ、企画から運営まで生徒さんたちの力で実施

三重県立美術館 県民ギャラリーで2017年高校生写真展「視点」を開催

公募のフィルム作品、iphonの作品、デジタル一眼レフでの作品合わせて

103作品458点を展示 ご来場者数450名様

写真展実行委員会

左から 運営委員 吉野(松阪工業繊維デザイン1年)事務局長 相田(宇治山田高校2年)運営部長川方(皇學館3年)実行委員長 渡邊(松阪工業繊維デザイン2年)運営委員 大西(セントヨゼフ女子学園3年)

 平成29年4月での学年表記

写真展の様子

展示作品の一部

公募で参加された「三重県立宇治山田高校写真部」の先生と皆さん「皇學館高校写真部」の先生と皆さん、そして明修美術造形学院所属の「高校生芸術祭実行員会」前列左から運営部長の川方(皇學館高校3年)事務局長の相田(宇治山田高校2年)実行委員長の渡邊(松阪工業高校繊維デザイン科2年)運営委員 の大西(セントヨゼフ女子学園中学3年)後列右から2人目 運営委員の吉野(松阪工業高校繊維デザイン科1年)


高校生美術展

 「春展」〜私たちの挑戦〜

平成29年4月16日(日)

 三重県立美術館 県民ギャラリーで開催いたしました

絵画 デザイン 写真 立体など 70作品

当日は中日新聞さん、伊勢新聞さに取材していただきました

十七歳白書展

27年4月26日(日) 

 三重県立美術館 県民ギャラリーで高校3年生の作品展を開催いたしました

 

 油絵 デザイン テキスタイルデザイン ファッションデザイン 写真など50作品